よくある質問|福岡・佐賀・熊本・滋賀・大阪・奈良の玄関ドアリフォーム専門店(リクシル取扱店)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

よくある質問

Q1.玄関ドアの交換リフォーム方法はどんなものがありますか?

A1.1日リフォーム専用の玄関を使うカバー工法と、外壁を一旦壊して取り換える通常のリフォーム方法があります。

・カバー工法のメリット・・・ 1日で工事が完了。外壁を壊さないので費用が安くなりやすい。
・通常のリフォーム工法のメリット・・・ 選択肢が多い。古い玄関と新しい玄関の交換なので狭くならない。
基本的な事ですが定期的な点検、お客様からのご連絡から対応の良さ等、で建てて良かったと思っていただけるよう努力しております。

Q2.玄関ドア工事は1日で終わると思いますが、工事を依頼してからはどれくらい日数がかかりますか?

A2.だいたい10~14日後の工事となる場合が多いです。

発注のご依頼を頂いてから約10日後に入荷します。発注した時点で入荷日は分かりますので、すぐに工事日のご相談はできます。

Q3.通販で玄関ドアを買って自分で取り付けるのと専門業者に頼のむのがいいのか悩んでいます。業者に頼むメリットって何かありますか?

A3.ご要望に応じて最適な玄関ドアを選ぶ事が出来ることと、確実に工事が完了することです。

DIYレベルの技術では取付けする事はまず不可能です。

Q4.玄関ドア交換工事にドア周りの外壁などを壊すことはありますか?

A4.壊すことはありません。

今ある玄関の外枠は残したまま新しい玄関の外枠を押し込んで取り付けるカバー工法と言われる工事です。
今までの工事の事例で壊した経験はありませんので、まず大丈夫だろうと思われます。まれに下枠周りのコンクリートの部分を若干壊す時もありますが、すぐに補修します。
正式には調査の時に判断させていただきますのでご安心ください。

Q5.引き戸タイプの玄関から引き戸タイプの玄関に変える事は可能ですか?

A5.可能です。

玄関引戸タイプも1日リフォーム専用のモデルがあります。ペアガラス仕様とシングルガラス仕様がありますので目的に応じて最適な引き戸をご提案します。

Q6.現在の玄関ドアのサイズと同じサイズでないと交換できませんか?

A6.できます。

現在の玄関ドアの上にガラスの明かり取りがある枠の場合(欄間付きといいます)、欄間(ランマ)を無くして下から上まで全部ドアのタイプにすることができます。

Q7.現在の玄関扉のサイズより大きなサイズを取り付けたいのですが可能ですか?

A7.現在の玄関が親子ドア(ドア2枚で両方とも開くタイプ)や片袖(ドアの横にガラスがはめ込んであるタイプ)なら新しいドアの幅を大きくする事は可能です。

欄間付き(ランマ付き)の場合は新しい玄関を欄間無し(ランマ無し)にすることで高さを大きくできます。

Q8.今の玄関ドアがリクシル以外の違うメーカーでも大丈夫ですか?またはリフォーム専用のドアでないとだめでしょうか?

A8.1日リフォーム専用のドアでしたら、現在の玄関がどのメーカーでも対応できます。

リフォーム専用以外の玄関をご希望なら外壁を壊して取り付ける通常のリフォーム工事となります。

Q9.現在の枠を残して玄関扉部分だけ交換することは可能ですか?その際に枠のゆがみなども直せますか?

A9.現在の枠を残して交換できる場合もありますが、必ず現地調査が必要になります。

判断は調査後、メーカーに問合せをしてから回答させていただきます。
現在の枠を残す場合はゆがみを直す事はできません。

Q10.玄関が寒くてたまりません断熱ドアに交換を考えてますがどのタイプを選んでいいかわかりません。

A10.断熱ドアの性能も各種ございます。

明かり取りのガラスがペアガラスでドア内部に断熱材が入っていてタイプなど地域性に合わせて現地調査時にご提案します。

Q11.簡易タッチキーやスマートキーやカードキーに変えるのは今ある玄関ドアでも変更できますか?玄関ドアごとでないとダメでしょうか?

A11・現在、リクシル(旧トステム)のドアで親子ドアの場合は交換できる可能性があります。

ここ5年以内のモデルで親子ドアタイプなら交換できる可能性はあります。

Q12.外壁塗装を検討中ですが塗装前と後とどちらのタイミングで玄関ドア交換をしたほうがよろしいでしょうか?

A12・塗装工事の後が無難です。

塗装屋さんもしっかりと養生をされて工事されますが、汚れや傷などの可能性を全く0にするには後が良いでしょう。

メールでお問い合わせ